これで解決!風俗情報

手入れしていない方が良いんですよ

彼女はアンダーヘアの手入れをしていない風俗嬢でした。最近の事情から考えると珍しいかもしれないんですけど、むしろ自分にとってはそれが大きな魅力でしたね(笑)パイパン風俗嬢でさえ珍しくない世の中ですけど、自分はナチュラルの方がいいんですよ。その方が自然というか、構えていないというか、処理していると見られるのを覚悟しているというか、清潔感が出るというか。清潔感って、エロスと対極にあると思うんですよね、ある意味。不潔だとエロいってことじゃなくて、きっちりしていると色気も損なわれちゃうじゃないですか。多少隙がある方がエロいとも言いますしね。だからこそ、風俗では処理をしていないタイプの子の方が個人的には好みだったりするんですよね。むしろそれこそが、本当の意味でのエロスと言っても良いんじゃないかなって気持ちもあるので、彼女のようにアンダーヘアを処理していない子の方が個人的には好きだったりするんですよね。

ピンチはチャンス。その通りでした

「ピンチはチャンス」なんて言葉もありますけど、前回の風俗ほどこの言葉を実感したことはありませんでした。相手のCちゃんはとっても良い子だったんです。可愛いし、声も男心に上手く刺さるし、スタイルもかなりのもの。これだけの上玉を相手に出来るだけでもこの日風俗っていう選択をして良かったなって思うレベルの子だったんですけど、だからこそピンチに陥りました。それは、あまりにも可愛いのでかなり序盤で発射してしまったんですよ。しかも自分は風俗では基本的には一発程度しか発射できないタイプなので、まさかって思いましたね(苦笑)後はこのままずっと喋っているのかなと。まぁそれはそれで彼女はとっても可愛いのでありかなとも思いましたけど、彼女が上手くエスコートしてくれて、そのまま二回戦に突入しました。いつも二回戦なんて無理だったのに、その日はしっかりと発射出来ました。ピンチはチャンス。そして、災い転じて福となす、でしたね(笑)